効果的に歯垢除去!歯間ブラシが入らない原因と正しい使い方

予防と知識

予防歯科

Pocket

shutterstock_425081152_720

歯間ブラシを歯科医院で勧められて、自宅でやってみたけど、なかなかうまく入らない。血が出てきたり、歯茎にささって怖い…そんな思いをしている方も多いのではないでしょうか。

歯間ブラシは、歯と歯の隙間の食べかすや歯垢(プラーク)を除去するデンタルグッズです。
歯と歯の間のお掃除は、実は歯磨きよりも大切!歯間ブラシを使うことでお口の汚れの95%が除去できると言われています。
今回は、歯間ブラシが入らない原因と対処法について詳しく解説します。ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

1.歯間ブラシが入らない原因と対処法

1-1挿入角度が違う

歯間ブラシが入らない理由の多くは、挿入角度が違うことが挙げられます。

歯と歯の間に挿入する際に、適正な角度になっていないと歯にぶつかって入らなくなります。
特に、奥歯の歯間ブラシ挿入の際に、入りにく方が多いのではないでしょうか。

対処法

奥歯に歯間ブラシを挿入する時に、歯にぶつからないようにするためには、歯と歯の間にまっすぐに当て歯茎に対して少し斜めにして挿入することで、歯にぶつかることなく、歯茎にも当たることなく挿入することができます。

1-2.サイズが大きい

歯科医院で購入したものはきちんと入っていたけれど、市販品に変えたら入らなくなったいう方も多くいます。

その場合、歯科医院でサイズを合わせてもらったものよりもサイズが大きいものを使っている可能性があります。

歯間ブラシの先端は入るけれど、そこからは動かない時は、サイズを変更するとスムーズに入るようになり、綺麗に汚れを取り除くことができます。

対処法

歯科医院で購入したサイズを確認しましょう。または、市販品のサイズのワンサイズ小さいものを購入してみましょう。

おすすめは、歯科衛生士にチェックしてもらい、サイズを合わせてもらうことです。

商品によっては、「Sサイズ」と表記されていてもサイズが異なる場合もありますので、安心して使っていただくためにも、専門家からのアドバイスをうけることをおすすめします。

1-3.歯間ブラシが劣化している(ワイヤーの破損)

歯間ブラシは数回は使えますが、ワイヤーが劣化してくると使いにくくなります。

まっすぐに挿入するためには、ワイヤーがまっすぐになっていることが条件ですが、使い続けると、ワイヤーが折れ曲がったり柔らかくなり、使いにくくなる場合があります。

対処法

まずは、新しい歯間ブラシに交換してみましょう。

交換はワイヤーが柔らかくなる前が理想的です。

使い方によっても交換時期は異なりますが、清潔に使うためにも1週間以内で交換することをおすすめします。

1-4.歯の隙間がほとんどない

歯の間のお掃除のため、歯間ブラシを使ってみたが入らない方は、歯と歯の間の隙間がほとんどない方もいらっしゃいます。

そういう場合に、無理に使用していると、歯茎を傷つけたり、歯を傷つけることがありますので、歯間ブラシ以外の道具を使用しましょう。

対処法

歯と歯の隙間がなく、歯間ブラシが入らない方は、デンタルフロスを使って、歯の間の汚れを取り除きましょう。

隙間がなくても、歯の間には歯ブラシでは取り除けない汚れがたくさん残っていますので、デンタルフロスを使って綺麗な状態を保つことをおすすめします。
デンタルフロスにも、サイズやタイプがありますので、歯科衛生士に相談されることをおすすめします。

デンタルフロスの正しい選び方については「もう迷わない!おすすめのデンタルフロスと選び方」をご覧ください。

2.自分にあった歯間ブラシ選びのポイント

2-1.ブラシのサイズ

歯間ブラシは、サイズが大きすぎると歯と歯の隙間に入りづらく、小さすぎると綺麗に汚れを取り除くことができません。

また、前歯と奥歯でもサイズが違うこともありますので、自分に合ったサイズ選びが大切です。

サイズは、4Sから4Lまであり、製品によってもサイズはさまざまです。

2-2.持ち手のタイプ

持ち手のタイプもL型とストレート型があります。

【L型】

2-1

【ストレート型】

2-1-2

使ってみて、スムーズに操作できるタイプを選ぶことで、長く使い続けることができ、習慣化されます。

持ち手のタイプを変えるだけで、歯間ブラシが入らないといった困りごとが解消されることもあります。

歯間ブラシの選び方について、詳しくは「歯科衛生士が紹介!おすすめの歯間ブラシと選び方」をご覧ください。

3.歯間ブラシの正しい使い方

3-1.歯間ブラシの基本の使い方

特に奥歯は見えにくく、歯間ブラシの挿入が難しいため、お口をあまり大きく開けずに頬側から歯に沿って挿入します。

歯茎に当たらないように、上の奥歯は上から下へ挿入するように、下の奥歯は下から上へ挿入するようにします。

歯間ブラシ使い方について、詳しくは「歯科衛生士が教える!歯間ブラシの正しい使い方」をご覧ください。

3-2.歯間ブラシの使用頻度

歯と歯の間に汚れのたまりやすい人は、歯を磨いた後に毎回使用することが望ましいでしょう。

ただし、外出先や職場などで使いにくい場合は、寝る前の歯磨きの時に、使用することをおすすめします。

夜、眠っている間が一番細菌は繁殖する時間なので、夜はきれいに汚れを取り除いておきたいですね。

ベストなのは、毎回の歯磨きの時(歯を磨く前に使用することで習慣化されやすいです)。できない場合は、寝る前の歯磨きの時に1回行うようにしましょう。

3-3.歯間ブラシの交換時期

歯間ブラシの交換時期は、目安として1週間から1ヶ月と言われていますが、ワイヤーが劣化したり、毛束が抜けてきているようでしたら、すぐに交換することをおすすめします。

目安:1週間から1ヶ月内(サイズによっても違います)
使用感:劣化したらすぐに交換

4.どうしても入らない場合はその他のケアグッズを

歯の隙間がなかったり、どうしても歯間ブラシが入らない、使いにくという方には、歯の間のお掃除ができるデンタルフロスやエアフロスがおすすめです。

4-1.デンタルフロス

ライオン DENT.EX ウルトラフロス (10本入)

もっとも使いやすいタイプで初めての方でもスムーズに使うことができます。

4-1

販売:ライオン
商品:ライオン DENT.EX ウルトラフロス (10本入)
価格:540円

4-2.エアフロス

フィリップス ソニッケアー エアーフロス

ワンプッシュするだけなので、歯間ブラシより手間なく簡単・効果的に歯と歯の間のお掃除ができます。

4-2

販売:フィリップス
商品:ソニッケアー エアーフロス
価格:8,600円

5.歯間ブラシやデンタルフロスの歯垢除去効果

歯と歯のお掃除をしている場合と、していない場合とでは、虫歯や歯肉炎にかかりやすさに大きな差が出ることが明らかになっています。

また、歯間ブラシを使う場合と使わない場合では、お口の中の汚れの除去率は変わります。

歯ブラシだけだと、60%の除去率ですが、歯間ブラシを使用すると95%まで除去率があがります。

それだけ、歯と歯の間おお掃除は大切ということです。

5

(日本歯周病学会誌より引用)

6.注意点

歯間ブラシが入らない場合は、無理に使用せず、かかりつけの医院へ相談しましょう。

歯間ブラシが入らない理由にはさまざな場合が考えられます。
インプラントや自費の被せ物など、もしかしたら、歯間ブラシを入れてはいけない部位や形状の被せ物もあるかもしれません。

歯茎の腫れがある場合は、炎症を起こしてしまうこともありますし、返って、炎症を悪化させてしまう場合もあります。

ご自身の判断だけでは解決しない問題もありますので、不安に感じたらいつでも相談できるかかりつけ歯科医院や担当歯科衛生士がいると安心です。

まとめ

歯間ブラシが入らない理由にはさまざまな原因があります。
歯間ブラシを使うことは決して難しいことではありませんので、歯と歯の間の汚れをきれいに取り除く習慣を身につけて、
健康的な歯茎を保ち、快適なお口の環境を保てるように、心がけましょう。
分からない時は、使用することを諦めるのではなく、担当の歯科衛生士に簡単に使える方法のアドバイスをもらいましょう。

Author: 塚本 千草(歯科衛生士)

Pocket

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する

スポンサードリンク


おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!