歯がしみる!知覚過敏の6つの原因と自宅で出来る改善法

予防と知識

痛み

Pocket

shutterstock_256646428

虫歯でもないのに、歯がしみて冷たいものが食べられないといった経験をした方も多いのではないでしょうか。

しみる症状があって食事を楽しめなかったり、毎回の歯磨きで痛い思いをしている場合は知覚過敏かもしれません。

そのままにしていたらしみなくなった、という場合でも気付かないうちに歯の状態はどんどん悪くなっているケースもあります。知覚過敏の原因は様々で、その原因に合わせて対処法や治療法も異なります。

今回は、知覚過敏になる原因と自宅で出来る対処法、歯科医院でできる治療法を紹介します。ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

1.知覚過敏とは?

虫歯でもないのに、冷たいものや甘いものなどで歯がしみたり、歯ブラシで擦ると痛むなどの症状の事を知覚過敏と言います。

何らかの原因で歯の表面のエナメル質が欠けたり溶けたりして、中の象牙質が露出することで起きます。

象牙質が露出すると象牙細管という神経につながる管が解放され、刺激が歯の神経に伝わり知覚過敏の症状がおきます。

chikakukabin-tb
出典:http://www.shinbi-shika.net/

2.知覚過敏の原因

2-1.間違った歯磨きによるもの

自己流で歯磨きをしている方は、歯茎が下がるような磨き方をしていたり、圧力が強すぎたり、研磨剤入りの歯磨き粉を頻回に使用しているなど間違った歯磨きが原因で歯や歯茎を傷付けているかもしれません。

歯磨き指導はどの歯科医院でも行っていますので、自分が正しい歯磨き方法をしているのか少しでも気になったら、気軽に相談してみましょう。

2-2.歯ぎしり、くいしばりによるもの

歯ぎしりやくいしばりによって歯に力が加わると、歯がしみてしまう事がよくあります。

特に歯ぎしりでは歯の表面のエナメル質が削れてしまうため象牙質がむき出しになり知覚過敏がおきます。

削れの強いところは歯科医院で樹脂をつめてもらったり、マウスピースを作ってもらうなどの治療が必要となります。

2-3.酸によるもの

酸性の食品や飲み物によってエナメル質が溶けてしまう事を酸蝕症(さんしょくしょう)と言います。

健康法として毎日黒酢を飲んでいる方や柑橘系が好きな方、炭酸飲料やワイン等のお酒の取りすぎでも酸蝕症はおきます。

心あたりのある方は歯科医院で相談してみましょう。

2-4.ホワイトニングによるもの

ホワイトニングの薬剤により知覚過敏を起こす場合もあります。

ホームホワイトニング(自宅で行うもの)治療中、しみる症状が出た場合は一度ホワイトニングを中止することが必要な場合もありますので、ホワイトニングをしている歯科へ相談し中断の相談をしてみましょう。

症状が落ち着けばホワイトニングを再開することは可能です。

2-5.歯石除去によるもの

歯石除去をした後に知覚過敏が起こることがあります。

歯石除去による知覚過敏は2、3日で落ち着く場合が多いので、あまり心配せずに歯磨きをしっかり行いましょう。

あまりにも知覚過敏が継続する場合は歯科医院に相談しましょう。

2-6.虫歯治療によるもの

神経を残して虫歯治療を行った場合、治療そのものが神経に刺激を与えているので知覚過敏が残る場合もあります。

虫歯治療で金属の詰め物やかぶせものをした場合、金属は熱の伝導率が高いため装着してしばらくしみる事がよくあります。

この症状は一時的な事が多いので、焦らず様子を見ましょう。それでも継続してしみる場合は歯科医院に相談しましょう。

3.自宅でできる改善法

基本的に知覚過敏の症状は、何か刺激があった時だけしみる一時的な症状です。

持続的に何もしなくても痛んだりしている場合は、知覚過敏ではなく虫歯など他の原因の場合があります。

原因を特定する為には歯科医院で検査をする必要がありますので、症状がある場合は歯科医院をなるべく早めに受診しましょう。

3-1.知覚過敏の歯磨き粉を使ってみる

知覚過敏の抑制効果のある成分を含んだものが市販されていますので使ってみましょう。

成分としては乳酸アルミニウム、硝酸カリウムなどがあります。

乾いた歯ブラシに1cmほど取り歯に塗り込むように使い、うがいの回数はなるべく1回程度にしましょう。

【乳酸アルミニウム】
露出した象牙細管を封鎖することで知覚過敏を抑制します。

【硝酸カリウム】
歯髄神経の知覚を鈍麻し刺激の伝達を抑制し知覚過敏を抑制します。

シュミテクト コンプリートワンEX

1

販売元:グラクソスミスク ライン株式会社
商品名:シュミテクト コンプリートワンEX
成分:硝酸カリウム配合
価格:648円

システマセンシティブ

2

販売元:ライオン歯科材株式会社
商品名:システマセンシティブ
成分:硝酸カリウム、乳酸アルミニウム
価格:756円

知覚過敏に効果的な歯磨き粉について詳しくは「歯がしみる!知覚過敏に効果的なおすすめ歯磨き粉と選び方」をご覧ください。

3-2.歯磨きをしっかりする

しみる症状が出ている時、あまりしっかり歯磨きしていないと言う方が多いのですが、歯磨きが不十分だと歯の表面にプラーク(歯垢)が付着し始めます。

そのプラークは細菌の塊のため細菌が代謝をする際に酸を作り出すため脱灰と言ってエナメル質を溶かしてしまいます。

なるべくしっかり歯磨きをし唾液中のカルシウムなどによる再石灰化を促しましょう。

3-3.歯ブラシの圧力をさげる

強い力で歯磨きをしていると歯茎を下げる原因になります。自己流で磨いている場合は歯科医院で相談しましょう。

3-4.冷たいものを控える

冷たすぎるものは神経に刺激を与えることになるので、症状が強い間は控えましょう。

夏場はアイスなど冷たい食品を摂る機会が増え、冬場はうがいをするお水が冷たくてしみる場合もあるので、なるべくぬるま湯でうがいをしてみましょう。

4.歯医者で行う治療法

4-1.知覚過敏抑制剤を塗布する

知覚過敏を起こしてしまっている部分に知覚過敏抑制剤を塗布する方法です。

またはコーティングするタイプもありますので症状の度合いによって対応してもらいましょう。

4-2.プラスチック材料をつめる

歯の削れが起こってしまっていたり、歯が欠けてしまっている場合はプラスチックを詰めます。

歯の削れが大きい場合はプラークも取りにくくなるため知覚過敏が治りにくくなります。
詰め物をすることにより歯磨きがしやすくなる効果もあります。

あまりにも削れが大きい場合はかぶせものが必要な場合もあります。

4-3.マウスピースで保護する

歯ぎしり、くいしばりの強い方はプラスチックをつめて対応しても、すぐに剥がれてしまったり知覚過敏が改善しにくい場合があります。

歯科医院で相談し専用のマウスピースを作ってもらいましょう。

4-4.歯茎を再生する

歯並びなどの影響で歯茎が一部分大きく下がってしまう場合があります。

状態によっては歯茎を移植し露出してしまった部分に歯茎を再生することも可能です。

4-5.歯周病の治療をする

歯周病が進行すると歯茎が下がったり、歯が動いたりし知覚過敏が出ることもあります。

4-6.レーザー治療をする

レーザー治療は実施している歯科医院とそうでない場合があります。

レーザーを知覚過敏の部分に照射することにより、象牙質へ加わる刺激を伝わりづらくして症状を軽減する効果があると言われています。

4-7.神経の治療をする

症状が改善せず、しみる症状や痛みが強くなっている場合は神経を抜く必要があります。

歯にとってなるべく神経は保存できた方が良いので、症状が強くなる前に歯科医院へ相談しましょう。

まとめ

歯科医院受診をされた方の多くが、歯が痛む、しみる等の症状で来院されます。

その原因は様々あり、原因が一つの方も複合的に様々な原因がある方もいらっしゃいます。

症状がある場合は何かしらのサインを出していると思われますのでなるべく早めに歯科を受診しましょう。

鎌田 瑞乃
Author: 鎌田 瑞乃(歯科衛生士)

Pocket

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する

スポンサードリンク


おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!