歯科衛生士が実践している!口臭予防グッズを徹底解説!

キシリトールについて、詳しくは「虫歯予防に役立つ!キシリトールの効果的な食べ方と選び方」をご覧ください。

広告

3-4.フロス

口臭の原因は歯と歯の間の汚れ!これは歯科衛生士の誰もが知っています。

一般的にはフロスをすることがまだまだ浸透していませんが、歯科衛生士は毎日欠かさずフロスをして口臭予防をしています。

もちろん毎食後にフロスをしたいところですが、寝る前の歯磨きの時は必ず行なっています。歯ブラシの届かない歯と歯の間のケアで口臭の予防をしています。

デントEXウルトラフロス

販売:株式会社ライオン
商品:デントEXウルトラフロス(フォルダータイプ)
価格:400円

Amazon.co.jpでチェック

フロアフロス

販売:株式会社オーラルケア
商品:フロアフロス(フッ素付き)
価格:600円

Amazon.co.jpでチェック

フロスの使い方について、詳しくは「歯科衛生士が教える!デンタルフロスの正しい使い方」をご覧ください。

4.根本的な口臭予防のために

4-1.歯石除去

口臭の原因はさまざまですが、根本的な口臭の予防には、歯肉炎や歯周病の予防のためにも定期的な歯石除去を行うことです。

歯石は歯の表面に硬くこびりつき、ザラザラとしているため、汚れがさらにつきやすい環境を作ります。そのため、お口の中の汚れが増えるため細菌が活性化しやすく、口臭の原因になることが言われています。

歯石除去の費用について、詳しくは「歯石除去の費用を知って定期的に通う習慣を身につけよう!」をご覧ください。

4-2.定期検診

歯石除去を行った際には、必ず歯茎のチェック、虫歯のチェックを定期的に行っています。

虫歯の穴が空いていると細菌が繁殖し、口臭の原因にもなりますし、歯茎の炎症が進んでいると歯周病菌が繁殖し、これもまた、口臭の原因になります。

歯科衛生士はお口の専門家ですが、自分ではどうしても取りきれない汚れももちろんありますので、定期的な検診や歯石除去は欠かさず行っています。

歯科検診について、詳しくは「予防と節約につながる歯科検診は絶対に定期的に行くべき!」をご覧ください。

4-3.ストレス改善

口臭の原因にストレスによるお口の乾燥も気になります。

仕事で忙しかったりでストレスが溜まらないように、休日はゆっくりとリフレッシュすることも心がけています。

また栄養素の補給としても、サプリメントなどで体の体調を整えることも大切です。

4-4.水分補給

仕事上、朝からお昼の休憩まで一度の水分補給ができないこともありますが、できるだけこまめに水分を摂るようにしています。

その時は、ジュースとかではなく、お水が緑茶を摂るようにすることで口臭の予防をしています。

4-5.嗜好品の軽減

甘いものやジュースなどのおやつはダラダラ食べることなく、時間を決めて摂るようにしています。

また、仕事のある時は、口臭の気になるコーヒーやニンニクなどの口臭の気になる食べ物や嗜好品も控えるようにしています。

歯科衛生士は特に香水をつけないことも含め、ニオイには気をつけて仕事をしており、口臭予防に効果が期待できる飲み物も意識して飲むようにしています。

まとめ

お口の専門家でもある歯科衛生士も毎日の口臭には気遣ってケアをしています。
仕事上、水分補給が十分にできないことや患者さんとお話しする機会が多いため、口臭は特に気になります。対処的にできる口臭予防も行いますが、やはり、定期的なお口のチェックや歯石とり、磨きにく部分のクリーニングを行うことが口臭予防の近道だと言えるでしょう。歯科衛生士が活用している口臭予防グッズを参考にしながら、自分にあった口臭予防を実践してみてください。

 

広告