歯茎を美しく!黒ずみを除去するガムピーリング

予防と知識

その他

Pocket

00

黒ずんでしまった歯茎を健康的なピンク色に戻したいという方も多いのではないでしょうか。

ガムピーリングは専用の薬液を歯茎に塗ることで古い歯茎の表面を取り、新しい歯茎に再生する方法です。笑ったときに見える歯茎は、自分で思っている以上に人に見られているものです。
今回は、ガムピーリングの効果や費用、注意点などを詳しく解説します。ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

1.ガムピーリング(歯茎ピーリング)とは

歯茎は、喫煙や食品など日常生活の刺激でメラニン色素が沈着して黒ずんでしまうことがあります。

そのような場合、薬品やレーザーを用いて皮膚の薄皮をはがし取り、新しい皮膚を再生させる方法です。

歯科医院によって施術を薬品で行う方法とレーザーで行う方法があります。

【費用】自費診療となり、片方の歯茎で約5,000円~10,000円ぐらいです。

【施術時間】1回30分ほどです。一度の施術でとれない場合は複数の施術も可能ですが、その場合は期間を空けての施術をお勧めします。

【効果】個人差がありますが、約1~2年は健康的な歯茎の色を保てます。施術後は健康なピンク色の歯茎に改善します。

【痛み】施術中は薬品やレーザーによって、ピリピリするような痛みがあります。

■施術前

1-1

■施術後

1-2

2.歯茎が黒ずむ原因

歯茎が黒ずむ原因は、メラニン色素の沈着や金属による沈着(メタルタトゥー)によるものです。

2-1.メラニン色素の沈着

・煙草
・間違った歯ブラシでの摩擦
・色の濃い食べ物
・口呼吸
・歯周病
・歯茎の血流が悪い

2-2.金属による沈着(メタルタトゥー)

・差し歯や被せ物などの金属から銀イオンが溶け出し、細かい粒子が沈着する
・被せ物の土台の部分に使われる金属からも溶け出す(場合によっては外科的な処置が必要となります)

2-3.その他

歯茎が下がって、差し歯との間の部分が黒ずんで見える。

3.こんな人におすすめ

・歯茎の色が気になってしまい、口を開けて笑えない方

・クリーニングやホワイトニング後など、さらに口元を綺麗にみせたい方

4.ガムピーリング治療の流れ

4-1.治療前のカウンセリング・クリーニング

施術を受ける前に歯茎の状態をしっかりチェックしてもらってください。

歯周病での炎症がある場合、差し歯・被せ物の不適は治療や交換が必要となります。

■施術前

1

4-2.お薬塗布前の準備

施術当日は歯茎の部分を消毒して、清潔にします。歯もクリーニングを終えているほうがいいでしょう。

口腔内を綺麗に保つことで、身体の免疫力も高まります。

4-3.表面麻酔

痛みに弱い方は歯茎の表面に麻酔のクリームを塗布することもできます。

4-4.フェノール剤塗布

薬液でピーリングをする場合はフェノール剤を塗布します。

その後、アルコールで中和させ、最後は水洗いで終了です。

ガムピーリング直後から3~5日間くらいは歯ぐきに白い膜がはります。少しずつはがれていき、1週間ほどで健康的な歯ぐきの色調になってきます。

■施術後2日目

2

その後、白い膜は少しずつはがれていき、1週間ほどで健康的な歯ぐきの色調になってきます。

■施術後

3

4-5.レーザーの施術法

レーザー照射により、歯茎の沈着除去を行います。痛みが少ないと言われています。

5.施術を受けられない方

・歯茎に傷がついていたり、歯周病などで歯茎が炎症を起こしている方

・フェノールやアルコールにアレルギーがある方

6.ガムピーリングの注意点

・喫煙や生活習慣で黒ずみが再発することがあります。

・施術後の食事は辛い物など歯茎がしみるような食べ物は避けてください。

まとめ

施術後は綺麗なピンク色の歯茎を保つために生活習慣の見直しをする事で、再発を防ぐ事ができます。

歯茎が健康になると見た目の美しさや顔の印象も変わり、笑顔が絶えない素敵な毎日を送ることができるでしょう。

Author: 歯科オノザワ 歯科衛生士

Pocket

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する

スポンサードリンク


おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!