抜歯後に激痛が起きた!ドライソケットの症状と対処法

予防と知識

痛み

Pocket

00

親知らずを抜いた後、徐々に治まっていくはずの痛みが次第に激痛に変わっていき、不安になる方も多いのではないでしょうか?

それはドライソケットの可能性があります。

ドライソケットは抜歯をした人の2~4%に起こるといわれ、特に下の親知らずで高い割合で起こるといわ
れています。

今回はドライソケットの症状と対処法について解説します。ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

1. ドライソケットとは

抜歯した穴が血餅(固まり始めた血液)でふさがれず、骨の部分がむき出しになってしまい、激しく痛むことをドライソケットといいます。

通常抜歯後1~4日でおさまってくる痛みが治まらず、一週間以上長引き痛みが強くなり、触れると痛いなどの症状がでます。
これは何らかの原因で抜歯した穴が血液で覆われず、かさぶたが出来なかったため、骨の上に歯肉が作られず、骨が露出したまま物が入ると直接触れるため、強い痛みを感じるためです。

ドライソケットは抜歯窩治癒不全とも呼ばれ、抜歯後の発生率は2~4%、下顎の親知らずにいたっては約20%ともいわれる。

2. ドライソケットの症状

抜歯後3~4日後、おさまるはずの痛みが悪化し、さまざまな症状がでてきます。
一番の特徴は激しく強い痛みでしょう。

2-1. 抜歯後3~4日で痛みが増し、激痛に変わってくる

通常1~4日で時間の経過とともにおさまる痛みが、だんだんと強くなり、激痛に変わります。

これは通常、時間とともに血餅(固まり始めた血液)でふさがる穴がふさがれず、骨が露出したままになっているため空気に触れたり、物が直接触れるため、リンパから顔面、頭の方まで痛くなるなどの症状がでてきます。

2-2. 傷の中が白っぽく、嫌な臭いがする

通常、治癒過程に出来るべき赤黒いゼリー状の血液の塊である血餅がなく骨がむき出しになっているため、本来の赤黒い色ではなく、白っぽく見える。

また、露出した骨が細菌に感染してしまうと腐敗臭のような悪臭を感じることもあります。

3.ドライソケットの原因、予防

直接的な原因は血餅という赤黒いゼリー状の血液の塊(かさぶた)が出来なかったためです。
血餅は骨を覆い、治癒を促進させ、細菌から傷口を保護してくれます。
大事な血餅が出来ない主な原因を以下に挙げますので、これらを避けて予防しましょう。

3-1. 抜歯後の頻繁なうがい

抜歯後は口の中が血でにじんだり、血の味がして気になり、何度も強くうがいをする人が多いと思いますが、これは避けましょう。

うがいにより固まり始めた血餅を洗い流してしまい、せっかくできたかさぶたを剥がしてしまうことになります。
血がにじんで気になるようでしたら、ガーゼなどを強く咬み、圧迫して止血しましょう。
うがいをするのであれば、適度に軽くゆすぐ程度にしましょう。

3-2. 何かを吸ったり、口の中の圧を頻繁に変える

抜歯後は食事がしにくく、栄養ゼリーなどを吸う人も多いと思いますが、これも避けて下さい。
口をすぼめて吸う動作により固まり始めた血餅を一緒に吸い出してしまうことになります。
抜歯後3~4日は吸う動作は避け、なるべく軟らかい物を食すようにして、栄養も取るようにして下さい。

また、強く鼻をすする、鼻をかむ、咳をするなどの動作も避けた方が良いでしょう。

3-3. 喫煙をする

たばこは血流を悪くし、傷の治りを悪くするともに、血餅が出来にくくなります。
抜歯後3~4日はたばこをひかえましょう。

3-4. 血流を良くしてしまう

飲酒、激しい運動、長時間の長い風呂、サウナなどの血液の循環が良くなりすぎる行為は血餅ができにくいので抜歯後1~2日は避けましょう。
また、抗凝固薬を服用している人も血が止まりにくく血餅ができにくいですので、抜歯前に担当の内科医に相談すると良いでしょう。

3-5. 過度に傷口をいじる

抜歯後穴が気になって舌でいじってしまったり、傷口に食べ物が入ってひっかかってしまって気になり、いじったりしてしまう人が多いですが避けてください。
舌でいじって傷口が開いてしまったりすることがあります。
傷口の細菌感染を防ぐためにも過度に傷口をいじらないようにして下さい。

3-6. 口の中が清潔でない

抜歯時にプラーク、歯石により口の中の環境が悪いと傷口から感染リスクが高まり、治癒不全になる確率が高くなります。

必ず抜歯以前にクリーニングなどをしてもらい、口の中の環境を整えておきましょう。

また、抜歯後も強い頻繁なうがいはNGですが、清潔に保っておくことが、感染予防につながります。

3-7. 体調の悪い時、ストレスでイライラしていた時の抜歯

やはり抜歯後の治癒、改善は自己治癒能力が大事です。
免疫、抵抗力が低下していると当然治癒能力も低下していますので、体調の良い時にリラックスして抜歯に臨む方が良いでしょう。
女性の方は生理中は抵抗力が低下するという報告もありますので、抜歯は避けた方が良いかもしれません。

4. ドライソケットかも…と思った時、自宅でできる対処法

もしもドライソケットの症状が出てしまい痛みが悪化してきたら、まずは歯科医院に連絡をして下さい。
そして傷口を診てもらい対処してもらうことが治癒の早道です。
それでもすぐに歯科医院に行けない場合の対処法をいくつか挙げます。

4-1. 痛み止めと抗生物質

ドライソケットの痛みはかなり強く、悪化するとこめかみ、首すじ、頭痛まで出てきますので、我慢せず痛み止めを飲みましょう。
痛みが強いと2~3時間で効果がなくなってくることがありますが、少しずつ痛みがひけば、痛み止めを飲む間隔もあけて下さい。
また、細菌感染予防の為に抗生物質も一時的に飲むようにすると良いでしょう。

4-2. とにかくいじらず安静にする

痛みが強いと傷口が気になると思いますが、むやみに触れず、刺激を与えない方が良いでしょう。
無理に仕事をしたり、ストレスのかかることも避け、安静に休息をとるようにして、栄養も充分とり、抵抗力をつけることも重要です。

4-3. 病は気から

痛みが強く不安だと思いますが、人間の持つ自己治癒能力を信じ、クヨクヨせず気持ちを強く持ちましょう。
悪化させないようにすれば、時間の経過とともに必ず痛みはやわらぎ、傷も治癒していきます。

5. 歯科医院で行う治療法

5-1. 穴を洗浄・消毒して傷口を保護する

まずは露出してしまった骨面を洗浄・消毒し、抗生剤軟膏やコラーゲンゼリー、またはヒアルロン酸などにより被覆し保護をし痛みを和らげます。

5-2. 麻酔をしてもう一度出血させる

露出したしまった骨面に再度血餅をつくるために、もう一度わざと傷をつくり出血させ、傷口にかさぶたを作るという方法です。
露出した骨が細菌感染してしまうと骨炎に発展し、重症化しますので、なかなか痛みがとれず、骨面が保護されない場合には選択すべきかもしれません。

まとめ

ドライソケットは激痛が続き、体力も消耗しますし、辛いものです。
抜歯をする時にはきちんと体調を整え、口腔内環境を整え、ストレスなくリラックスした気持ちで歯科医院を訪れすようにして下さい。

また、抜歯後も歯科医院での注意事項をしっかり守り、ドライソケットを回避しましょう。

Author: 小野澤 彰(歯科医師/歯科オノザワ院長)

Pocket

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する

スポンサードリンク


おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!