歯科金属アレルギーの原因になる金属と代替素材を徹底解説

予防と知識

その他

Pocket

00

金属アレルギーがある方は、歯の治療で使われる金属にも不安を抱えているのではないでしょうか。

アクセサリーなどを身につけた場合に痒みやかぶれなどの症状が出るというのは一般的によく知られていますが、実は歯科材料で使われる金属が原因となってアレルギー症状が出ることも少なくありません。

今回は歯科治療で考えられる金属と代替素材について解説しますので、不安なく治療を受けるための参考にしてください。

※多くの歯科医院で初診時の問診票で金属アレルギーの有無を確認していますが、アクセサリーなどで少しでもアレルギー症状が出た経験がある方は、必ず担当の歯科医師に伝えてください。

スポンサードリンク

1. 金属アレルギーとは

そもそも金属アレルギーは、金属自体が直接アレルギーの原因になっているのではありません。
金属が皮膚に触れて、汗と混じり、金属が少しずつ溶け出します。そして、溶けた金属がイオン化して体内へ入り、体内のタンパク質と結合します。ここで、アレルギーの原因になる、タンパク質のアレルゲンに変質します。

アレルゲンは体にとっては異物なので、体を守ろうとするために過剰な反応をする。これが金属アレルギーです。

歯科での金属アレルギーは年々増えているとも言われています。

1

2. 金属アレルギーの症状

金属アレルギーは病名では、「接触皮膚炎」と呼ばれています。アレルギーの症状には、局所性と全身性があり、皮膚の症状としてでてきます。金属がふれていた場所以外にも症状がでることがあります。

2-1. 局所性の症状

局所性は、アクセサリーをつけた時に起こる局部的なアレルギー反応です。

歯科の金属では、口腔内に症状がでる場合は、局所性のアレルギーで、口の粘膜がただれたり、舌に苔のような白い汚れがついたり、舌がまだら模様になるといった症状がでてきます。

2-2. 全身性の症状

全身性は、歯科の金属が唾液に溶け出し、唾液を飲み込んだ時に、体の中に入ります。そして、アレルゲンが汗とともに排出された時に、アレルギー症状が起こります。これが全身性のアレルギーです。

症状がでやすいのは手足で、水ぶくれができるような症状や湿疹ができるのが一般的です。

3. 歯科治療で金属を使うケース

金属は、熱を通すことから、熱い食べ物を熱いと感じ、冷たい食べ物を冷たいと
感じることができる面で、美味しく楽しい食事をすることができるメリットもあります。

一方で、金属はアレルギー反応を引き起こすこともありますので、ご自身の身体の状況やアレルギー反応については、ご自身で知っておくことも必要です。

また、お口の中に複数の金属が入っている人は金属アレルギーを発症するリスクが高まるとも言われています。

いろいろな歯科医院を転々として治療を受けている方は、医院によって使用する金属が同じとは限りませんので、不安な方は歯科医院へ相談されるのもいいでしょう。

3-1. 詰め物・かぶせもの(銀歯・クラウン・インレー)

一般的な治療の一つとして、大、小関わらず、詰め物やかぶせ物は金属を使うケースがあります。最近では、白い被せものをお勧めいている歯科医院も多く、金属アレルギー症状のある患者さんへ対応ができるように、自費診療が行われています。

一般的には、ニッケル、コバルト、クロム、スズ、チタンなどがあり、多くはその2種類以上の金属を混ぜ合わせた「合金」が使われています。

3-1

3-2. 差し歯(コア)

歯の神経を取る、大きな虫歯になった時、歯の真ん中にある神経を取り除く治療がされます(根管治療)。
その時に、空洞になった真ん中に、差し歯をいれて、歯の補強を行っています。その時、歯の補強のために入れる差し歯の材料が金属を使用しています。

一般的には、ニッケル、コバルト、パラジウム、クロム、スズなどがあり、多くはその2種類以上の金属を混ぜ合わせた「合金」が使われています。

歯科医療の進歩とともに、イオン化しやすいパラジウムなどの金属は使わないようになってきましたが、昔に治療をしたままであれば、パラジウムなどの合金が使われている場合もあります。

3-3. インプラント

インプラントには「チタン」という金属を使用しますが、チタンは「アレルゲン」に変質しにくいため金属アレルギーを引き起こしにくいともいわれています。
チタンは強度も安全性もあり、航空機用にも医療機器にも幅広く使われている地球上に存在する元素のひとつです。

3-4. ブリッジ

ブリッジも基本的には、銀歯、クラウン、インレーと同様です。
ただし、ブリッジの場合は3本分の歯を金属のかぶせもので代用することになりますので、他の治療と比べて、お口の中に金属が入っている割合は高くなります。

使用金属には、ニッケル、コバルト、クロム、スズ、チタンなどがあり、多くはその2種類以上の金属を混ぜ合わせた「合金」が使われています。

3-5. 歯列矯正

矯正治療の装置にも金属は使用されています。
かぶせものと同様に、ニッケル、コバルト、クロム、チタンなどがあり、多くはその2種類以上の金属を混ぜ合わせた「合金」が使われています。
アレルギー症状のある方や見た目を気にされる方のために、白いセラミックを使用した矯正治療が主流となっています。

3-5

3-6. 入れ歯

歯の詰め物以外にも入れ歯に金属は使われています。たとえば、部分入れ歯のバネの部分や、上顎全体に金属を使うタイプの入れ歯もあります。

4. パッチテスト(検査費用・保険適用の可否)

金属アレルギーが気になる方は、パッチテストをおすすめします。

直接症状がでる場合は、アレルギーだとわかりやすいですが、歯科の被せ物では唾液と溶け出して体内へ入るため、アレルギーの症状がお口の中以外にでるため、判明しにくいことも事実です。

検査費用は、皮膚科で検査を行えば保険適応になりますので、1,300円程度です。
アレルギーは皮膚にでる症状なので、基本的には皮膚科で検査を受けられることをおすすめします。

歯科医院での検査もできますが、保険適応外となりますので、4,000円〜5,000円程度の費用がかかります。また、歯科医院では、パッチテストを行っている医院と行っていない医院がありますので、かかりつけの歯科医院に相談してみてください。

4

5. アレルギーが出た際の治療方法

ネックレスや時計などでアレルギー症状がでる局所性の場合は、原因となっている金属をすぐに取り外してください。

症状が痒みのあるものであれば、刺激を与えないように、冷却すると痒みが和らぎます。

アレルギーの症状が出た場合は、まずは皮膚科を受診してください。症状に対する応急処置をしてもらい、アレルギーの原因が何かを検査してもらいましょう。

歯科医院でも検査をすることはできますが、皮膚にでている症状の「処置」は皮膚科医の専門です。

検査結果ののち、歯科金属によるアレルギーと分かれば歯科を受診し、原因となっている金属を除去してもらいましょう。

また、アレルギー検査は皮膚科だと保険がききます。歯科医院では自費の診療となります。症状がでている人は、まずは皮膚科に相談に行くことをおすすめしま
す。

5-1. 局所性の症状が出た場合

お口の中の金属が原因で局所的に症状がでた場合は、取り外しができる入れ歯などであればすぐに取り外し、症状のある部位に刺激を与えないようにしましょう。

5-2. 全身性の症状が出た場合

全身性のアレルギーの場合は、長期間かけて症状がでるため気づきにくいこともあります。
痒みを伴う症状では、患部を冷却して刺激から守りましょう。

6. 代替素材と費用について

パッチテストを実施し、アレルゲンが歯科材料からでていることが判明したら、その原因となった金属を除去します。

そして、アレルゲンフリーの材料のオールセラミック スへ交換治療を行います。

6-1. 詰め物・かぶせもの(銀歯)・クラウン・ブリッジ

アレルゲンフリーのオールセラミックスへ交換することが効果的です。

6-1

治療費は、保険適応外となります。
かぶせ物のサイズにもよりますが、小さなものであれば、30,000円〜。
クラウンなどの大きな被せ物は1本80,000円から150,000円が相場です。

6-2. 差し歯(コア)

アレルゲンフリーのオールセラミックスへ治療交換することができます。
また、ハブリット(セラミックスとプラスチックを混ぜた物)で治療することも効果的です。

6-2

6-3. インプラント

インプラントはアレルギーが比較的少ないと言われるチタン製ですが、チタンにアレルギー症状がでる人は、金属を使用しない入れ歯が代替治療となります。

保険適応、適応外それぞれがあります。
歯の本数にもよりますが、入れ歯の場合は、保険で5,000円程度、自費治療だと30,000円から50万と、歯の本数により価格は異なります。
かかりつけの歯科医院で相談してみてください。

6-4. 歯列矯正

矯正治療では、金属の装置以外にセラミックスを使用した装置がありますので、アレルギー症状のある人は、セラミックスの装置をお勧めします。
金額の相場は30万円〜となります。

6-4
詳しくは【大人と子供でも異なる!歯の矯正の費用相場について】をご覧ください。

6-5. 入れ歯

部分入れ歯には、引っ掛け部分(クラスプ)に金属を使用しますので、金属を使用しない形態の入れ歯を作ることができます。

6-5

こちらは自費の治療になりますので、自費治療だと30000円から50万と、歯の本数や引っ掛け(クラスプ)の場所により価格は異なります。

まとめ

多くの歯科医院で、問診票で金属アレルギーがあるかどうかお伺いしております。アクセサリーなどでアレルギー症状が少しでもでた経験のある方は、治療の前に必ず歯科医師に申し出ましょう。

また、歯科医療で使われる金属も日々改善されています。治療をして、10年、20年経過している被せ物は、歯科医院で確認してもらい、必要ならば金属アレルギーが出る可能性の低い最新の医療材料でかぶせ直しの治療をすることも不安の解消になると思います。

Author: 塚本 千草(歯科衛生士)

Pocket

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する

スポンサードリンク


おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!