健康的で美しい口元に!歯科医院で行うデンタルエステ

予防と知識

その他

Pocket

0

口元の印象を左右する唇の縦ジワやくすみ、歯茎の黒ずみなどお口のまわりの悩みを改善したいという方も多いのではないでしょうか?

虫歯や歯周病の治療だけではなく、年齢と共に変化していく口内や口元の健康的な美しさを目的とした「デンタルエステ」を行っている歯科医院も増えています。通常のエステサロンとは違い、歯科医院だからこそできるお口まわりのエステです。今回は、歯科医院で行うデンタルエステについて紹介します。ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

1.デンタルエステとは

治療ではなく歯科医院で健康や美容を目的として、口の中や口の周りの部分を中心に行う施術です。

施術の内容によっては、専門の資格(歯科医師や歯科衛生士)が必要なものもありますが、いろいろな種類のデンタルエステがあります。美容目的だけではなく、お口環境を整えることで虫歯予防や歯周病予防につながる施術もあります。

2.デンタルエステの種類

2-1.歯のホワイトニング

遺伝や加齢、食生活での着色汚れにより黄ばんだ歯を専用の薬剤を使用して白くする方法です。

ホワイトニングは種類が様々で、使用する薬剤・方法により費用や施術回数は異なります。

詳しくは、「歯を白くするなら短期間でできるオフィスホワイトニング」をご覧ください。

2-2.リップエステ

唇はお顔の中で皮膚バリア機能が低いため水分が蒸発しやすく、NMF(天然保湿因子)もつくられられにくいので、乾燥しやすいパーツです。

ターンオーバーは6日程度といわれ、再生のスピードがお顔の皮膚より早いので、ケアをすればするほど健康的で明るく、ツルツル、ぷるぷるの唇を手に入れることができます。

ケアをまめにすることで唇の老廃物を取り除き、血行も良くなるのでくすみを取り、唇のあれや乾燥も改善します。

また、男性が初対面の女性と会ったときに、最初の10秒間のうち半分以上は唇を見ることがマンチェスター大学の研究で知られています。

費用や施術内容、施術時間は歯科医院により異なります。
費用:約1000~3000円(1回施術)
時間:約15分~30分

リップエステについて、詳しくは「歯科医院のリップエステでふっくらプルンの唇を取り戻そう!」をご覧ください。

1

2-3.ガムピーリング(歯茎のピーリング)

歯ぐきの黒ずみや着色は、メラニン色素の沈着とメタルタトゥーと呼ばれる金属による沈着とがあり、メラニン色素の沈着は茶色い色ですが、メタルタトウーは青黒く見えます。

メラニン色素の沈着はダバコや歯ブラシでの摩擦、色の濃い食べ物、口呼吸などが原因だといわれ、メタルタトゥーはお口の中に入っている金属から銀イオンが溶け出し、細かい粒子が歯茎に沈着しているものです。

メラニン色素の沈着はピーリングをすることで、歯ぐきの黒ずみや着色を取り除くことができますが、メタルタトゥーの場合は外科的な処置が必要です。

施術の方法は薬品やレーザーを使います。

古い皮膚の薄皮が自然とはがれるのを待ち、新しい健康的な皮膚の再生ができます。個人差もありますが、1週間ほどでピンク色の奇麗は歯ぐきになりますが、歯ぐきの黒ずみや着色が強い場合は、一回の施術ではとれない時もあります。

費用や施術内容、施術時間は歯科医院により異なります。また、効果の持続にも個人差があります。

費用:約5000~10000円(1回施術)
時間:約15分~30分
効果持続:約1~2年

■施術前
2

■施術後
3

2-4.歯肉マッサージ

歯ぐきには身体全体につながっているツボがたくさんありそのツボを刺激したり、マッサージすることによって血液やリンパの流れを良くすることで、歯茎全体がひきしまり、見た目もよくなり健康的な歯ぐきになります。

また、歯周病の原因となる細菌に対し抵抗力をつけ症状も緩和することができます。

同時に口の中からマッサージする事で、頬の筋肉もほぐれ、ほうれい線の解消やむくみ、皮膚のたるみやコリも軽減します。小顔効果もあります。

また、唾液腺も刺激する事で、唾液の分泌を促進し、口の中の乾燥を防いでくれます。唾液がたくさんでると自浄作用で虫歯や歯周病になりにくく、口の中を清潔に保ってくれるので、口臭予防にもなります。

4

2-5.舌クリーニング

舌には口臭の原因のひとつである舌苔(ぜったい)と呼ばれるコケのような汚れがつき、そこに細菌が潜んでいます。

専用の薬品や器具を使い、舌の汚れを落とすことによって、口臭の予防ができます。

舌を見ると健康状態がわかると言われ、健康な舌はピンク色をしています。

5

舌苔の取り方は「口臭の原因になる舌の汚れ/取り方を歯科衛生士が徹底解説!」をご覧ください。

2-6.その他

デンタルエステという言葉には定義がなく、それぞれの医院によってメニューも様々です。

歯科でできるヒアルロン酸注入やプラセンタ療法、唾液腺マッサージや表情筋のマッサージを行う医院もあります。

3.デンタルエステの注意点

歯科医院によって、施術の種類、方法、価格はさまざまです。また、種類や方法、施術する人の技術の差も効果にあらわれるでしょう。

施術を受けるときは、しっかりと施術の方法や価格などカウンセリングを受け、納得した上で施術を受けるようにしましょう。

まとめ

今回は一般的なデンタルエステをまとめてみましたが、その他にも歯科医院でできるデンタルエステのメニューは増えています。

口もとの印象は、顔の印象を大きく左右するものです。デンタルエステはお口を健康な状態にするだけでなく、歯や口もとのコンプレックスを解消して見た目の美しさをお口の専門家がケアします。

口の中から心身ともに健康で若々しく保つために、お口のエステサロンのような感覚でケアを受けてみてはいかがでしょうか。

Author: 歯科オノザワ 歯科衛生士

Pocket

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する

スポンサードリンク


おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!