歯科衛生士が教える!食後の歯磨きはすぐ?30分以上後?

予防と知識

予防歯科

Pocket

shutterstock_439338073

食後の歯磨きのタイミングについて、食後すぐがいいのか、時間をあけた方がいいのかという二つの意見で悩む方も多いのではないでしょうか。

テレビでも「食べかすを放置すれば虫歯菌も増えるので食後すぐが良い」という説と「食後すぐだと、歯を削ってしまうため30分以上あけた方が良い」という説など、いろいろな考え方が発信されている中で何を信じて虫歯予防をすればいいのか不安に感じますよね。
今回は、食後の歯磨きについて、どのタイミングで歯磨きをしたらいいのか、また、なぜ磨くタイミングについていろいろな意見があるのかについて解説していきます。ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

1.食後の歯磨きはいつがいいのか

食後の歯磨きは、食べてすぐがいいのか、少し時間をおいた方が良いのかといろいろな意見がでたことがありますが、結論からいいますと通常のお口の状態の方は、食後の歯磨きは食べてすぐに磨くのが良いとされています。

わざわざ食後に30分置いてから歯磨きをすることはなく、食べたら磨くを習慣つけることが大切です。

これは、小児歯科学会の見解でもあります。詳しくは、「食後の歯みがきについて」小児歯科学会をご覧ください。

2.食後に歯磨きをする理由

食後に歯磨きをする理由について、3つの項目にわけて解説します。

2-1.虫歯予防

食後すぐに歯磨きをするのは、まずは虫歯予防のためです。

食事をすると、食べ物に含まれる炭水化物や糖質が虫歯菌の餌となり、虫歯を作る働きのエネルギーになります。また、お口の中に残っている汚れ(プラーク)の中にも虫歯菌は住み着いています。

そのため、虫歯を作るエネルギーになる汚れやお砂糖をお口の中から取り除き、虫歯にさせないための歯磨きが必要なのです。

2-2.口臭予防

食べ物を食べたあと歯磨きをしない状態が続くと、お口に残った汚れが多くなり、口臭の原因になります。

お口の中は体と同様に、約36度で保たれています。(もちろん風邪をひいたりして発熱している時はお口の中の温度もあがります)

細菌の増殖には温度が最も大切と言われており、一般的に15℃~40℃が適温、35℃前後でよく増殖することがわかっています。

また、それ以外の条件としては水分がある場所、栄養分のある場所です。この3つが揃っていると細菌は増殖しやすくなり、お口の中は細菌が増殖するのに最も好都合な場所と言えます。

食後、歯磨きをしないでお口の中に汚れが残っていると、細菌は増殖していき、その細菌が毒素を出すことで口臭が発生すると言われています。

2-3.歯周病予防

虫歯や歯周病は、お口の中に残っている汚れ(プラーク)が原因です。

食後すぐに歯磨きをすることで、汚れを取り除き歯周病の予防をしていきます。

食後すぐの歯磨きは、虫歯、歯周病、口臭の予防のためにも欠かせない習慣であることがわかります。

3.なぜ食後すぐに歯磨きをすることがいいのか

すぐに歯磨きをするのは、お口の中の汚れが細菌の餌にならないようにするためです。

お口の中に汚れが残っていたり糖分が残っていたりすると、お口の中で細菌の餌となり虫歯や歯周病のきっかけを作ることにつながります。

お口の中に汚れが残っている時間が長ければ長いほど、細菌は繁殖していきますので、すぐに歯磨きをして汚れや糖分をお口の中から少なくすることが大切です。

4.本当に大切な歯磨きのタイミング

食後すぐの歯磨きはもちろん大切ですが、それ以外にも虫歯や歯周病の予防のために大切な歯磨きのタイミングがありますので、ご紹介します。

4-1.寝る前の歯磨き

寝ている間は、お口の中で細菌がもっとも繁殖しやすい時間です。

通常、起きている時は唾液がたくさんでていますので、唾液によって汚れが洗い流されたり、唾液の働きで抗菌作用が働きます。

しかし寝ている時は唾液の力を借りることができないので、歯磨きをしないで寝てしまうと、お口の中で細菌は繁殖しやすい環境を作ってしまいます。

4-2.起床時の歯磨き

寝る前の歯磨きと同じくらい大切なのが起床時の歯磨きです。

朝磨く、夜磨くと覚えるよりも、就寝前、起床時と考えてください。

お仕事によっては夜間勤務の方もいますし、お昼に睡眠をとる方もいます。

寝ている間は、最も細菌が繁殖しやすい環境です。起床時、お口の中ネバネバする感じや口臭を感じるのはこのためです。

そのため、起床時に歯磨きをして、その後朝食を摂るのが理想的です。食事の前に歯磨きをすることに抵抗がある方は、細菌を洗いながすために、起床時にうがいをするだけでも行ってみてください。

寝起きの口臭について、詳しくは「なんとかしたい!特にキツイ寝起きの口臭はこれで解決」をご覧ください。

5.気をつけたい食品

5-1.酸性度の高い食品

酸性度の高い食品は、お口の中を酸性に傾けます。

特にダラダラと時間を決めないで摂取する場合には注意が必要です。お口の中は酸性に傾くと、歯の成分が溶け出す「脱灰」の状態になります。

酸性の高い食品を頻繁に摂取していると、お口の中が常に酸性になり、歯の溶け出す状態を作り出してしまうため、酸性度の高い食品は時間を決めて摂るなどしてダラダラと食べないことが大切です。

%ef%bc%95%ef%bc%8d%ef%bc%91%e9%85%b8%e6%80%a7%e5%ba%a6%e3%81%ae%e9%ab%98%e3%81%84%e9%a3%9f%e5%93%81
酸性度の高い食品(グラクソ・スミスクライン資料参照)

歯の脱灰について、詳しくは「歯を白く保ち虫歯を防ぐ!エナメル質を育てる方法」をご覧ください。

5-2.お口に残りやすい食品

歯にくっつきやすい食品や歯の間に残りやすい食品は、汚れがお口の中に残るきっかけをつくります。

おやつに食べるようなクッキーやキャラメル、スナック菓子などはお口の中に停滞しやすい食品です。

特に、おやつの後に歯磨きをしない方はこれらの食品を食べたあとはうがいをするなどして、お口の中に汚れが残らないように工夫をしましょう。

5-3.砂糖を多く使う食品

砂糖を多く使う食品は、虫歯菌の餌になりやすいです。

ケーキやクッキーなど、お口の中に残りやすく、糖分も高いとなると虫歯菌の餌にもなりやすく、虫歯になりやすい環境を作ってしまいます。

また、コーラなどのドリンクにも砂糖が多く使用されていることも分かってきていますので、酸性度が高く、砂糖も使っている食品があることも知っておくと良いでしょう。

全く食べてはいけないということではなく、夕飯の後すぐに食べるなど時間を決めて食べることでお口にとどまりにくように工夫をしていきましょう。

まとめ

歯磨きは一般的に食後すぐにすることをおすすめします。
お口の中に汚れが残っている時間をできるだけ短くするためには、歯磨きも大切ですが、食べるタイミングや食品選びも工夫をすることで、健康なお口の状態を保つことができます。
歯の酸蝕症などの症状がある方や、特殊な仕事(酸を扱う職業)をしている方は、
かかりつけの歯科医院で相談し、あなたに合った磨くタイミングをアドバイスをもらってください。
食後すぐにと言っても、食事中の会話を楽しんだりする時間ももちろん大切ですので、正しい知識をもって、快適な健康習慣を身につけることがライフスタイルにも必要だと思います。

Pocket

歯の知りたい!がオススメする
歯科医師を無料で紹介いたします!

現在、コンビニよりも多いとされる歯科医院。

近所だから…といった理由だけで通院していませんか?

特に保険が適用されない高額治療はしっかりと納得してから通いたいものです。

【歯の知りたい!】では様々な治療に精通した歯科医師を無料でご紹介しております。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料歯科医師紹介を利用する

スポンサードリンク


おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!