赤ちゃんに初めての歯ブラシ!選び方と注意点

予防と知識

予防歯科

Pocket

00

初めて赤ちゃんの歯ブラシを使うにあたり、色々と疑問があったり心配ごとがあったりする方も多いのではないでしょうか。

可愛い小さな歯を虫歯にしないことは、美味しく食事がとれて元気で丈夫な体を作ることにつながります。歯ブラシの選び方や使い始める時期、磨き方などをまとめましたので参考にしてください。

スポンサードリンク

1. 赤ちゃんが初めて使う歯ブラシの選び方

赤ちゃん用と仕上げ磨き用の2本を用意しましょう。

赤ちゃんは、歯ブラシをギシギシ噛んでしまうことが多く、毛先がすぐにボロボロになります。歯ブラシは赤ちゃんが自分で使うものと、仕上げ磨きをする大人の仕上げ用を2本別々に用意するとよいでしょう。両方ともヘッドができるだけ小さい歯ブラシを選びましょう。

赤ちゃん用は赤ちゃんが持ちやすい形の柄のものや、飲み込み防止の付いている歯ブラシをえらびましょう。

仕上げ磨きをする大人用は毛が密集してやわらかいものが最適です。歯肉に毛先が当たっても痛くありませんので、赤ちゃんの嫌がることなく磨かせてくれます。

2. 歯ブラシを使い始めるのは下の前歯が生えてから

歯ブラシを使った本格的な歯磨きは下の前歯が生えたら始めましょう。

01

歯が生える前については【赤ちゃんの歯磨きはガーゼから/磨き方と注意すべき事】をご覧ください。

3. おすすめの歯ブラシ

3-1. じぶんでみがけた 乳歯ブラシSTEP2セット

02

【赤ちゃん用】薬局で購入できます

販売:コンビ株式会社 テテオ
商品:じぶんでみがけた 乳歯ブラシSTEP2セット
価格:950 円(+税)

Amazon.co.jpでチェック

03

04

3-2. タフト17乳歯列期(1~7歳)歯ブラシ

05

【赤ちゃん用】歯科医院で購入できます

販売:オーラルケア株式会社
商品:タフト17乳歯列期(1~7歳)歯ブラシ
価格:1本PS120円(+税) 1本 M110円(+税)

“お子さんがはじめて使う歯ブラシ”がコンセプトの「タフト®17」。

ブラシを噛んでしまう癖のあるお子さんには、耐久性が高いM(ミディアム)。小さなお子さんのデリケートな歯肉には、PS(プレミアムソフト)がおすすめです。

柄の部分には、かわいい動物のキャラクターがプリントされています。

Amazon.co.jpでチェック

3-3. プラウト スタンダードワンタフトブラシ

06

【仕上げ磨き大人用】歯科医院で購入できます

販売;オーラルケア株式会社
商品:プラウト スタンダードワンタフトブラシ
価格:1本 S 270円(+税)

三角ヘッド、どんな部位にも正確にあたるアングル、握りやすく疲れないグリップで、細やかな操作が可能になります。毛先は細い毛が密になっているので歯にくに当たっても痛くありません。生えたての小さい歯や乳臼歯の溝、歯と歯の間に当たりやすく細菌をしっかり取ってくれます。

Amazon.co.jpでチェック

4. 歯磨きのコツ・歯磨きをする姿勢

赤ちゃんの歯はとても小さいので、歯ブラシの先端だけを使い、細かくふるわせるように動かします。上唇の内側の歯茎の付け根あたりは赤ちゃんがいやがるスポットなので、注意してやさしく磨いてあげましょう。

4-1. 0〜1歳の場合

小さな頃は赤ちゃんをヒザに寝かせ、片手は仕上げ磨きをする大人の腋の下にはさんでミルクをあげる姿勢で磨くとよいでしょう。

07

4-2. 1〜3歳の場合

1歳頃からは正座をした仕上げ磨きをする大人のヒザに、子どもの頭を乗せて仰向けにしましょう。仕上げ磨きをする大人も大きくお口をあけると子供も真似をしてあけてくれます。また、笑顔で磨いてあげましょう。

08

5. 注意すべき4つのこと

力を入れず、頬を強く引っ張らないでください。嫌がる時は無理にしないようにしましょう

5-1. ひだに強く触らない

上の前歯の歯茎の上には小帯というひだがありますので、強く触らないでください。

09

5-2. 口に歯ブラシを入れたままにしない

子供が口に歯ブラシを入れたまま動くのは危険です。

喉に刺さってしまう可能性もありますので、歯ブラシを持たせている間は、目を離さないようにしましょう。

5-3. 清潔な歯ブラシを使う

歯ブラシは1か月に1本は変えましょう。

長い期間使用していると、お口の中の細菌が繁殖します。歯ブラシは1か月に1回変えましょう。

5-4. フッ素入り歯磨きジェルの濃度

フッ素入り歯磨き剤には濃度があります。うがいができない子供にはフッ素濃度が500ppm以下の物を選んでください。

まとめ

大切な赤ちゃんの歯が生えてくると嬉しいですよね。でも、歯がはえてから慌ててしまう親御さんが多くいらっしゃいます。安心して歯磨きができるようになるようぜひ参考にしてください。

「1歳半検診が初めての検診です」と言う声をよく耳にしますが、歯科医院で歯が生える前からの歯磨きガーゼの使用方法や歯磨きの仕方などご相談ください。

Author:小川由香里(歯科衛生士)

Pocket

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する

スポンサードリンク


おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!