銀歯があるなら要確認!アマルガムの危険性と除去方法

予防と知識

お口の治療

Pocket

00

水銀を含むアマルガムの危険性を知って、もしかしたら自分の口の中に入っているかも!?と不安に思う方も多いのではないでしょうか。

近年の歯科治療ではあまり使われなくなってきたアマルガムですが、過去に治療を行った際に使われたアマルガムがまだお口の中に残っているかもしれません。

水銀は人体にとって、非常に毒性の強い、液体である唯一の重金属で毒物と指定されています。この歯科金属のために、原因不明の病気に悩まされ、病院通いを余儀なくされている多くの方々がいるといわれています。

今回はアマルガムについて、そして安全にアマルガムを除去する方法について解説いたします。

スポンサードリンク

 1. アマルガムが水銀を含む合金

1-1. アマルガムとは

アマルガムとは正式名称が「歯科用水銀アマルガム」といいます。

虫歯治療や歯の土台に使用され、充填される歯科材料です。

50%の水銀と銀(35%)、スズ(9%)、銅(6%)、少々の亜鉛などの粉を混ぜ合わせ、練って作られた合金です。

この水銀アマルガムは100年以上も世界中の歯科医院で使用され、日本でも国が認めて70年程、何の疑いも無く使われてきました。

現在、欧米の一部では使用が禁止されていますが、日本ではまだ使用している歯科医院もあるといわれています。

そして、この危険性については歯科医師や医師も知らせておらず、もちろん一般の人々も知らず、厚生労働省も何の対策もしていないのが現状です。

1-2. アマルガムの歴史

水銀が最初に歯科用アマルガムとして使用されたのは唐の時代だといわれています。

日本の歯科治療の主流は1990年まではアマルガム充填でした。

やがて、水銀アマルガムの危険性が歯科医師たちに知られるようになりました。

口の中で劣化し、腐食しやすい傾向があるため、人体に悪影響を及ぼすおそれがあることがわかったのです。

1-3. 日本でのアマルガム使用の現状

厚生労働省もアマルガムによる害が発生する可能性を認識してはいるものの、現状としていまだに保険適応の材料として使用することを認めています。

厚生労働省のアマルガムに関する答弁書

アマルガムは、歯科アマルガム用合金等と歯科用水銀を併せて練和して歯牙に充てんするものであり、アマルガムが硬化する前に患者の口腔内で水銀が蒸気として遊離する可能性はある。

また、アマルガムを充てんした者の口腔内の水銀の濃度は、咀嚼を行った後の方が高いとの報告があることから、咀嚼や歯磨きにより、アマルガムから水銀が蒸気として遊離する可能性はあると考えられる。

引用元:第153回国会(臨時会)答弁書第二号 内閣参質一五三第二号 平成十三年十一月二十日

2. アマルガムが口の中にあるか見分ける方法

歯科材料としてのアマルガムは約160年前から安定した合金だとみなされ、世界中の歯科医院で歯の治療に使われてきました。

奥歯の噛む面、もしくは前歯の裏側に銀色の詰め物がある場合、アマルガムかもしれません。

2-1. アマルガムの特徴

色 :光沢がない、黒い、さびている
部位:前歯のうら側、奥歯の側面、咬み合わせ
範囲:小さい、直線的でない、かたまりのよう

04 03 02 01

2-2. 水銀メーターを使用する

水銀濃度を測定する機能と汚染源を追跡調査する機能を搭載しており、即時に判断をする事が可能となります。工業用の機械です。

05

3. アマルガムの有毒性/身体への影響

3-1 . 水銀による有毒性/身体への影響

水銀が人体に影響を及ぼすことは水俣病で広く知られるようになりましたが、水銀が入っているアマルガムの使用によって引き起こされる症状は多岐にわたります。

07

08

06

3-2. 妊婦、胎児への影響

妊婦のアマルガムの水銀が胎児と母乳にめぐります。

水銀を扱う仕事をしている妊婦や水銀アマルガムの歯科治療を受けた妊婦は、自然流産をしたり、死産したりする確立が高いことが知られています。

さらに、水銀によって不妊症になる可能性も示唆されます。

3-3. アマルガム(水銀)による代表的な症状、不定愁訴

頭痛、強い疲労感、腹痛、胃腸障害、拒食、過食、しびれ、麻痺、筋力低下、痙攣発作、うつ、精神症状悪化、視力・聴力・味覚低下、皮膚症状、原因不明の関節・筋肉の痛み、記憶力低下、言語障害

4. アマルガムがあったらすぐに全部はずすべき?

4-1. 2週間ごとに除去する

アマルガムにより、水銀中毒になっていると判断したとすると、中毒をこれ以上、進行させないようにために、中毒の原因を取り除かなければなりません。

水銀は微粒子になって、あるいは蒸気になって放散します。そのため除去する時は防護が必要になります。

口腔内に複数のアマルガムがあった場合はゆっくりと2週間ほど間をあけて除去していくと一度に大量の水銀が体内に入り中毒を起こす危険性を少なくすることができるでしょう。

4-2. 抵抗力をつけて中毒を抑える

体から水銀を排泄したい場合、同時に体の抵抗力をつけ、毒物による作用を抑える必要があります。

ミネラル、ビタミン、アミノ酸、活性酸化酵素などを摂るのもおすすめです。

4-3. 理想の歯科医院を探す

アマルガムを除去する際には、安全に除去を行っている歯科医院を見つけることが大事です。

除去時に水銀対策をしっかり行うには、

  1. ラバーダムというゴムシートで患部の歯以外を覆う処置をする
  2. 口腔外バキューム等を使い削る際に出る金属塵を出来るだけ減らす
  3. 呼吸器や目の粘膜を水銀のガスから守るため、患者さんの目など全身を覆う
  4. 術者はグローブ、水銀の防毒マスク、ゴーグル、防護服を着用し、自分も守る

最低でもこの4つは必要です。

アマルガム除去のためにしっかりとした歯科医師を見つけることは、容易ではないかもしれません。

水銀を使用しないことが大事だという信念をもっている歯科医師、できるかぎり安全な方法で歯の治療ができる歯科医師、そのような歯科医師をみつけてください。

5. アマルガム除去治療の流れ

5-1. 診療1回目:診査、カウンセリング

初診時にカウンセリングを行います。

お口の中の診査、レントゲン診査、水銀メーターを使いアマルガムの有無を調べます。

カウンセリングではお口の状態の説明やアマルガムの害、どのように安全アマルガムを除去するのかを詳しく説明します。

除去方法に納得したら、同意書を作成します。

5-2. 診療2回目:安全なアマルガム除去

水銀からの害を守るために、解毒サプリを服用し点滴を行いながら除去します。

医院全体で防護対策を行い、安全にアマルガムを除去します。

所要時間は約1時間です。

お口の中にアマルガムが1本の場合は①カウンセリング、②除去の2回の来院で治療ができます。

アマルガムが何か所もある場合は、まとめて除去ができないため回数がかかります。

6. アマルガム除去治療の費用の目安

歯科医院での治療の方法は2種類あり、それぞれ保険診療と自由診療になります。

6-1. 保険診療

アマルガムの治療に関して保険治療は可能です。

しかし、保険が使えるのは基本的に虫歯がある場合になります。

治療方法には制限もあり、最低限の決められた方法で治療を行います。

さらに保険で治療をする場合、普通に削り、詰め物をする治療となるため、水銀蒸気が患者さんや術者、医院内の環境汚染にも影響を及ぼすというリスクを伴います。

6-2. 自由(自費)診療

安全に除去するためには、医院内の設備を整え、患者さんや術者の健康を守るために防護が必要となるため、保険が適用されない自由(自費)診療となります。

除去費用は医院が独自に定めた金額で保険診療よりも高額となります。

費用の相場は約2万~3万円です。除去後の詰めものは約1万~2万円というところでしょうか。

7. 医科との連携が大事

安全にアマルガムが除去され、水銀からの汚染がなくなるといろいろな症状の改善みられる方が一般的には多くみられます。

しかしまだ身体の不調が続くようであれば、医科との連携で心身共に改善を図ることが必要となります。

身体の中に蓄積された水銀がどれくらいあるのかを調べる方法は血液や尿、毛髪を検査し、診断できます。

健康回復のためには医科と連携を行っている歯科医院を選ぶことも重要です。

まとめ

最近イライラする、なかなか疲れが取れない、肌の調子が良くならないなど、改善しない症状があるようでしたら、ご自身のお口の中を覗いてみてください。アマルガムがありそうでしたら歯科医院までお問い合わせください。

アマルガムを安全に除去する事で、身体の疾患がよくなり、体調が改善したという例は数多く報告されています。

Author: 小野澤 彰(歯科医師/歯科オノザワ院長)

参考文献: 「口の中に毒がある」釣部人裕著
「口の中に潜む恐怖」ダニー・スタインバーグ著

Pocket

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する

スポンサードリンク


おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!